最適な間接材購買のススメ

  • コラム

    2017/06/08

    【安全・安心のために】エレベーター保守

    乗る機会の多いエレベーター。

    定期点検は年に1回と法律により定めがありますが、
    保守点検は1~2ヶ月に1度実施している企業が多いかと思います。

    エレベーター保守の契約形態は2つ。
    消耗品だけでなく劣化した部品の交換等も含むフルメンテナンス契約
    消耗品交換を含むPOG契約(パーツ・オイル・グリース)
    ※詳細な契約内容は、各メンテナンス会社によって異なります。

    一般的に、フルメンテナンス契約のほうがサービス内容が充実していて価格が高くPOG契約のほうが価格が安いです。

    また、エレベーターメーカーに保守を依頼するか、
    メンテナンス専門会社に保守を依頼するかで価格にも差が出てきます。

    企業選定の際は、価格はもちろんのこと、災害・トラブル時の駆けつけ体制や保守体制について、じっくりと話を聞いてから契約の見直しを行いたいですね。

    この記事が「参考になった!」と思ったら、facebookまたはTwitterでぜひ“シェア”をお願いします。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

20年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,800社以上の買い手企業様の”間接経費(間接材・サービス)の購買最適化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

ディーコープが長年専業で培った情報やノウハウを活用し、間接経費(間接材・サービス)の購買におけるコスト削減と最適化ができる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

選ばれる理由

ディーコープでは20年間大手企業を中心とした2,800社以上のクライアントの間接経費(間接材・サービス)の購買最適化ご支援することで多くの信頼と実績を獲得しました。間接経費(間接材・サービス)の購買に特化したディーコープならではのサービスだからこそ、多くのお客様にお選びいただいております。

>>続きを読む

    最新コラムの更新と弊社サービスについてのメルマガを配信しております。購読希望の方はこちらよりお申込ください。

  • メルマガ登録