最適な間接材購買のススメ

  • コラム

    2018/06/05

    【通信料だけじゃなかった!】見落とされてる電話周りのコスト

    電話回線の制御を行っているPBX。

     

    内線や外線の連絡をコントロールする装置ですが、
    電話機の台数が変わると、このPBXの見直しが必要になることがあります。

     

    このとき重要なのが現在保有している電話機の仕様
    電話機の持っている機能によって互換性のあるPBXが異なるからです。

     

    例えば電話機側についてるファンクションキー。
    多くはナンバーキーの上などに付いていますが、
    それぞれのファンクションに対応しているPBXを選ぶ必要があります。

     

    またコンピューターでPBXの役割を果たすUnPBXというものもあり、
    これは仕様をある程度プログラムの組み換えでカスタマイズすることも出来ます。

     

    選定方法が複雑な割に頻繁に比較検討する製品ではありませんが、
    自社にマッチしたものを最適価格で調達したいですね。

    適正な購買方法について迷ったら

    こちらまでお気軽にご連絡ください。

関連ページ

事業・サービス紹介

DeeCorpのメソッド

20年間、ディーコープがご支援して参りました大手企業を中心とした2,800社以上の買い手企業様の”間接経費(間接材・サービス)の購買最適化”を支援してくることで得られた購買ノウハウや、考え方を体系化した“メソッド8種類”をご紹介します。

>>続きを読む

事業・サービス紹介

アウトソーシング

ディーコープが長年専業で培った情報やノウハウを活用し、間接経費(間接材・サービス)の購買におけるコスト削減と最適化ができる様にサポートしていきます。 ディーコープ独自のアウトソーシングという仕組と立ち位置で、適正な市場価格を導きだします。

>>続きを読む

ニュース

間接材‟お役立ち”コラム集

間接材‟お役立ち”コラム集。ディーコープがお送りする間接経費(間接材・サービス)におけるコスト削減・購買最適化に関するやり方や品目(最適化する対象)ごとの特徴など、お役に立てる知恵や情報をご提供いたします。

>>続きを読む

    最新コラムの更新と弊社サービスについてのメルマガを配信しております。購読希望の方はこちらよりお申込ください。

  • メルマガ登録